当事務所は、「クラウド会計特化型事務所」と謳っております。

今日は、クラウド会計ソフト「freee」導入のメリットなどについてお話ししたいと思います。

freeeを採用した理由

税理士が事務所を開業する場合や事業を開業する場合、どの会計ソフトを利用するかの判断は重要となります。

当事務所がクラウド会計(特にfreee)を勧めているのか、理由はいくつかあります。

働く場所を選ばないこと

クラウド会計は、ネット環境さえあれば外出先でもノートPCでほぼすべてのことができてしまうこと。極端な話PCが手元になくても(実際にやるかどうかは別として)ネットカフェなどのPCでも仕事が出来てしまうこと。

保守管理が楽なこと

会計データはすべてクラウド上にあるので、パソコンの故障等によりデータの紛失を防げることやセキュリティ対策なども面での負担軽減が図れること。

低価格で利用料金が明瞭なこと

一般的な会計事務所ではお客様に会計ソフトを利用してもらう際、その税理士事務所で利用している税務ソフト会社の会計ソフトを勧めてきます。理由は会計データが税務ソフトに連動されて仕事が楽になるからで、お客様の立場に立って勧めているわけではありません。

また、利用料金もお客様のほうでインターネット上から調べられないことが多く、それゆえ利用料金が税理士事務所の言い値になっていること。freee(弥生会計も)は、インターネット上でだれでも料金を調べることが出来るので、お客様にとっては事前に料金がわかるので安心できること。

freee導入のメリット

個人事業主の方や中小企業経営者がfreeeを導入することのメリットは、やはり経理に係る時間とコストの削減にあります。

仕訳入力から解放される

freeeは、金融機関の入出金情報やクレジットカード・電子マネー・amazonなどの利用履歴を取り込んで自動で仕訳を作成する「自動で経理」という機能が備わっており、事前の設定をきちんとしておけば仕訳取引の大半を自動化できてしまうこと。

請求書も作成でき、エクセルから解放される

個人事業者や中小企業経営者の中には、売上の請求書をエクセルで作成されている方が多くみられます。

エクセルで作るのは楽ではあると思いますが、得意先ごとの売り上げ分析や債権管理などする場合、一定のスキルが必要です。

しかし、freeeですと事前に設定さえしておけば請求書を作成すると売上の仕訳が自動で作成され、債権管理や得意先ごとの売り上げ分析なども簡単に出来てしまいます。

また、作成した請求書はそのままメールで送ることも可能です。

スキマ時間の活用で長時間労働から解放される

freeeにはスマホアプリがあります。

レシートをfreeeのスマホアプリで撮影して取引を登録すると領収書の電話番号からお店などを特定して仕訳を推測してくれます。

「自動で経理」の機能を極力活用し、現金での支払いはこの機能を使うことで現金取引はスキマ時間などに簡単に処理することが出来ます。

freee導入のデメリット

個人事業主や中小企業経営者の方がfreeeを導入するデメリットは無いといってもよいでしょう。強いてあげるとすれば、今まで別の会計ソフトを利用されていた方は操作画面が一般的な会計ソフトと大分違うので慣れるまでの間は大変かもしれません。

簿記知識は完全に不要か

freeeについて書かれているブログなどを見ると「直感的な操作で簿記知識が不要」などと書かれている記事を見かけますが、本当に簿記知識が不要かというと人によりけりといったところです。

例えばフリーランスの方や家族のみで経営されている個人事業主の方の場合、減価償却資産が無く・給与の支払いがないなどであれば簿記の知識がなくても出来てしまうかもしれませんが、それ以外の方については、減価償却資産の取得時の複合仕訳や給与支払い時の複合仕訳など簿記の知識が必要となる場合があります。

ただ、一般的な会計ソフトと比較すると一般的な会計ソフトは簿記の知識が10必要であるとすれば、freeeは1か2くらいのような感覚です。

まとめ

今日は、会計ソフトfreeeの導入理由とメリット・デメリットについてお話させていただきました。

税理士事務所では、税務申告ソフトの関係で積極的にfreeeを勧めている事務所は少ないと思います。

当事務所では、今後具体的な操作方法などを記事にしていきたいと思っておりますので導入を検討されている方や既に導入されている方は参考にしてみてください。