先日、税理士会のマルチメディア研修でキャッシュレス・消費者還元事業についての研修を受けていた際、講師の方がクラウド会計ソフトなどの金融機関等の口座連携(研修では全自動会計と言ってましたが)について、否定的な意見をもたれておりました。

結構同意できる部分もあったので、今回はクラウド会計ソフトが税理士事務所でなかなか普及しない又は導入自体を嫌がる理由について、クラウド会計ソフトをメインで扱う当事務所が、その理由をお伝えいたします。

クラウド会計ソフトが税理士事務所で普及しない理由

・インターネットを介してソフトを操作するため、インストール型のソフトと比べると処理速度が遅く、生産性が落ち、イライラする。
・記帳代行などをメインにしている事務所は、処理速度の遅さは致命的なため。
・修正処理にとてつもない時間がかかる。
・クラウド会計ソフトを利用している納税者は、税理士報酬が安くなりやすい傾向がある。

クラウド会計ソフトの問題

処理速度が遅い

avatar
小林税理士
一般のユーザーにとってはあまり気にならないかもしれませんが、税務や会計を本業としている税理士事務所としては、会計ソフトの処理速度が遅いのは、生産性にも影響してきます。
avatar
小林税理士
確定申告時期などの繁忙期で画面を切り替えるだけでも数秒かかる(場合によっては10秒以上かかる場合もある)というと業務に支障がでます。

そうすると、クラウド会計ソフト=使えない
というような印象を持ってしまう税理士事務所が出てくるのも仕方ありません。

修正処理にどえらい時間がかかる

avatar
小林税理士
クラウド会計ソフトは、金融機関等のデータを自動で取り込めるので、取り込んだデータを適切な科目や取引先などに自動で登録できるように設定されていれば、物凄く便利なソフトです。
avatar
小林税理士
ですが、一般のユーザーが自分で入力した場合、
・科目が不適切
・取引先の登録がされておらず、取引先ごとの残高がめちゃくちゃ
などといったことはよくあります。
avatar
小林税理士
インストール型の会計ソフトならこのような場合でも修正はそれほど苦ではないですが、クラウド会計ソフトの場合には、修正に無茶苦茶時間がかかります。
処理量にもよりますが、インストール型の会計ソフトと比べて、実感としてだいたい3倍~10倍くらいの時間がかかります。

税理士事務所側の問題

報酬が安くなりやすい

avatar
小林税理士
クラウド会計ソフトで通帳やカードの明細が自動で取得できると、後はあとは登録するだけなのでお客様の方としては自分で決算整理前までの処理は出来ていると思っています。
avatar
小林税理士
そうすると、
「かなりの部分こっち(お客様)でやってるんだから、税理士事務所側で手間かかってないでしょ?」
「だったら安くしてよ。」
と考える方もおり、結果報酬が安くなる傾向にあります。
avatar
小林税理士
しかし実際には、かなりの修正やヌケやモレなどがあるケースがほとんどで、手間は結構かかっているというのが現実です。
avatar
小林税理士
そうなると
クラウド会計ソフトの利用客=安くて割に合わないお客
となってしまい、導入を嫌がる事務所が出てくるのです。

クラウドのメリットが感じられない

avatar
小林税理士
クラウド会計ソフトのメリットは、何といっても端末を選ばないということです。
macでも使えますし、自宅のPCだけでなく、ネットカフェのPC、タブレットでも利用できます。
avatar
小林税理士
ただ職員がいる税理士事務所では、個人情報の関係からどこでも仕事が出来るという状況にはなりにくく、通常はクラウド会計ソフトを利用していても事務所で仕事をすることになります。
avatar
小林税理士
そうすると、クラウド会計ソフトのメリットは感じられず、処理速度が遅いなどといったデメリットのみを受けることになるので導入を嫌がるということになります。

解決策:最初はお金かかっても税理士に任せるのをおススメする

avatar
小林税理士
そもそも膨大な修正処理が起きたり、入力に時間がかかるという問題は、お客様のクラウド会計ソフトの導入段階で税理士事務所がかかわっていないからです。
avatar
小林税理士
この問題の解決には、お客様のほうでも最初に多少の費用が掛かってもクラウド会計で楽に適正に処理ができるよう税理士事務所に導入設定をお願いすることだと思います。
税理士がクラウド会計導入時から関わるメリット

・設定ミスによる修正作業が大幅に減少する。
・適正に自動登録されることで入力処理自体が減少する。
・上記により税理士事務所側で処理の遅さがあまり気にならなくなる。
・その結果、税理士事務所側の負担が減り、報酬の値引きにも応じやすくなる。

avatar
小林税理士
いかがでしょうか?
クラウド会計ソフトは、経理の煩わしさから完全に解消される夢のソフトではありません。
きちんと設定・運用することで初めて楽が出来るものなのでお客様・税理士事務所ともその点を理解する必要はあるのかと思います。